マーチング楽譜のことなら リズム絵譜の"幼児と小学生の器楽合奏 北研究社"
 
News&Events
2017.5.20
2017年版曲目を追加しました
ショッピングページの試聴ボタンで各CD音源の開始とエンディングの様子を約45秒間聴くことが出来ます
指導用データーCDを用意しています、ショッピングページでお求めください
※下記の参考資料欄に、参考資料と、サービスダウンロードページにはサンプルリズム絵譜や幼児用ドラムホルダーの製作図、その他掲載しています、ご活用ください。
TOPICS
参考資料
CD鼓隊のお奨め形態は?
幼児鼓隊用フォーメーションデザイン用紙
シンプルフォーメーション実例1
シンプルフォーメーション実例2
リズム絵譜の読み方解説プリント
CD鼓隊指導用具とチューニング
指揮杖奏法の解説1
指揮杖奏法の解説2
サービスダウンロード

本年度(2017)7月29日札幌にて、リズム絵譜による、やさしく楽しいマーチングリズム表現の研修会を企画しています、詳しくはこちらをご参照ください。

 

幼児と小学生の初歩の音楽リズム指導のために

ごあいさつ

このホームページは幼稚園、保育園から小学校までの教育用楽譜と関連教材を紹介、販売する為に設置いたしました。
主に幼児用マーチング楽譜、器楽合奏譜、小学生用バンド譜、マーチングバンド譜と順次取り扱っていく予定です。

まずは幼児用の最も導入に適した『リズム絵譜』を活用して、市販レコード各社の運動会用ヒットマーチ集よりCD鼓隊(レコード鼓隊)に適した、教育的かつ迫力のある曲目にあわせてリズムを作成し、運動会や発表会などに華やかに発表できる、幼児マーチングリズム鼓隊のための絵の楽譜を揃えてみました。

経験の浅い指導者でも楽しく生き生きと取り組ませることの出来る、リズム絵譜の世界をお試しください。

また、さらに幼児のマーチングについての楽しく教育的な取り組みの方法についての解説を加えました、フォーメーション用紙や実例図もPDFファイルで取り込めますので印刷してご活用ください。

本年度(2017)7月29日札幌にて、リズム絵譜による、やさしく楽しいマーチングリズム表現の研修会を企画しています、詳しくはこちらをご参照ください。

 

(幼児用器楽合奏、及び小学生用器楽、マーチング用吹奏楽譜は準備中です)

幼児と小学生の器楽合奏「北研究社」
代表:能代 秀生

  リズム絵譜指導によるCD鼓隊の教育成果が高まっています!

 大判(A1以上)のリズム絵譜をクラス全員または鼓隊全員で見て読み取ることによって、その伝わりやすさから、集中力の向上や子供たちから引き出す指導ができる、など、さまざまな教育的成果が出てきています。

 アンパンマンマーチからスピーディな戦隊シリーズ、クラッシックメドレーや剣の舞など、運動会用ヒットマーチとして本格的にアレンジされた音楽とそのままのテンポで思いっきり楽しくリズム表現できるのです!、幼児だからゆっくり易しく、ではない、CD音源そのままとダイナミックに競演するわけです。

 子供たちが音楽と一体となって生き生きとリズム表現するかっこよさはシンプルフォーメーションのCD鼓隊でなければ味わえません!、幼児が練習の過程で初見演奏も体験できる、リズム絵譜に集中して数分間読みきっていく、夢中になる楽しさを実現できます。

 シンプルフォーメーションとは曲の形から形へほんの1〜2回移動するだけで見飽きない美しい形に展開しての停止演奏が中心のフォーメーションです、だからこそ子供の大好きな素早く鋭い音楽に挑戦できるのです、大人のマーチングフォーメーションを真似たドリルやマスゲームのような"ねり歩き"は幼児期の教育効果は殆どありません、大人の好みの都合とも言えます、音楽表現そのものの感動ではなく、「よくがんばったね!」と言う褒め方しか無いのでは、音楽教育としての意味がありません。

 従来からの教師が五線譜を口移しで指導するのは限界があります、幼児と教師がリズム絵譜を同時に読み取っていくからこそ、いろいろな楽しい無理の無い指導が可能なのです、幼児全員がリズム絵譜によって共通したリズム表現をすることで、共通した表現と感動が得られるのです、そんな教育効果の高さはメロディー鼓隊では得られません、リズム絵譜によるCD鼓隊ならではなのです。

 音符を覚えるより先に、絵譜を曲と同時にリアルタイムで読み取ることによって、読譜の感覚を直接身に着けることは集中力も向上し、音符の読み取りも絵譜を体験しない子供より、より早く身に着けることが出来る、と言う実践例も出てきています。

 すべての楽器を幼児自身に扱わせて、出来うる限りドラムコースタイルのような大人の形態で演奏させ、「幼児なのにこんなことまで出来る!すごい!」こんな大人同士の自己満足に大きな危険が隠れていると思いませんか?、幼児の身体特性、感性、音楽的要素を考え幼児の発達過程をきちんと考えたならばそんな危険なことは出来ないはずです。

 愛情、楽しさ、感動があふれている環境で幼児は育たなければ豊かな人格は育ちません、いくら天才児童ともてはやされていても、それに伴う人格が形成されなければ、逆に騒がれたゆえの悲しい結果になりかねません、幼児教育機関は中途半端な英才教育の場ではありません、子供たちの社会性を育み社会人としての基礎を学ぶところです、大人の満足の競い合いの場でもありません、本当に教師も幼児もともに楽しんで感動できる音楽の現場が必要なのです。

 このサイトでのさまざまな曲や事例はすべて実際に実践されてきたものばかりです、ぜひ活用されるようお薦めします。